大学生の安全のために

危ないところはどこでもあります。大学のキャンパスや周りの町も同じです。大学の新入生は高校を卒業して、初めで一人暮らしをしますので、安全のために、常識を知っておきましょう。

ここでは、大学生の安全のために、20個安全常識をまとめました。ご参考してください。

1できるだけ早く大学の環境を知る
大学キャンパスのセキュリティ関連の情報を利用する。また、先輩にキャンパスの周りのセキュリティについて話を聞く。大学のセキュリティトレーニングに真剣に参加する。

2 回りに注意を払う
あなたは何処にいるか、周りに何が起こるか、どこへ行くか気を付ける。周りの人々や、イベント、および潜在的な出口に注意する。

3 多額の現金を携帯しない

4 危険な場所に行ってはいけない
行く場所の安全性を確認してから、行く。特に夜に、一人で歩いたり、運転しないようにする。

5 準備をする
出かける前に携帯電話や、少し緊急のタクシーのお金を用意する。

6 できるだけ、友達と一緒に行く

7 可能な限り夜間行動を避ける
夜に活動する場合、事前にセキュリティの計画を立て、友人と連絡をとる。

8 夜に銀行に行かない。

9 夜に出かけるときに、明るい通りを使う。

10 周りのすべてに注意を払い、その町に詳しいように自信を持って、立ってたり、歩く。

11 同じな場所で長期滞在しない
一箇所に長く滞在すると、攻撃されるチャンスは増えるので、移動する。安全ではない駐車場にいるときに、ドアをロックし、できるだけ早く離れる。

12 貴重品を隠す
財布をコートの内側に入れておく。

13 知らない人から道や時間を尋ねられた時に、安全な距離を保って、礼儀正しくする。

14 危険な状況に、助けを求めるために、”助けて!”の変わりに”火事だ!火事だ!と叫ぶ。より注目を集める。

15 寮の部屋やアパートを離れるときに、すべてのドアと窓及び建物の入り口と出口を含め、ロックされていることを確認する。

16 誰に後ろにつけられたときに、最寄りの混雑している場所に移動し、助けを求める。

17 うちに帰るときに、ドアの外で長い間滞在しない。郵便を取ってから、すぐ家に入る。

18 直感を信じる
友人の部屋の集まりで、何が変だと感じたときに、できるだけ早く荷物をまとめて、離れる。礼儀よりも安全性は重要です。

19 危険な状況に警察を呼ぶことを迷うわない。

20 クレジットカードや、健康カードや、IDカードなどの重要な文書のコピーをとる。安全な場所に入れておく。

安全第一を覚えておいてください!これらのセキュリティの常識は、大学の新入生だけでなく、私たちにいつでも大事なことです。安全を祈りします!

多言語子育て方法

まず、多言語の定義を明確にしたいと思います。ここでは多言語というのは二つ以上の言葉あるいは2つ以上の言語を定理しています。私は、二つ以上の言葉が話せる子供を育てるのは親として、子供に最高の贈り物だと思っています。多言語の子供はより多くの人と交流することによって、グローバル化の社会で、より多くの成功のチャンスをもらえます。

前の記事(“多言語子育て:長所と短所(その2)“)で、多言語子育ての利点と欠点を議論しました。ここでは、多言語子育て方法を議論したいと思います。

あなたに多言語子育てに対して、成功の定義は何ですか?

それぞれの子供と家族はいますので、成功の定義も異なっていると思います。私の定義は、私はでるだけ子供に豊かな言語環境を与え、勉強に励み、最善を尽くすことができれば、 多言語子育てに対して、私は成功の親だと思っています。

あなたの家族の状況は?

一部の家族に多言語子育てはただひとつの選択肢かもしれませんが、たくさんの家族に多言語子育ては自然な生き方です。

多言語の家族はさまざまな種類があります。議論を簡単にするために、ここでは、4つのタイプを分けます。

  1. もともと単一言語の家族で、話している言葉は生活環境のと同じです。でも、家族は別の言葉を話すことの重要性を認識しています。
  2. 単一言語の家族は異なる生活環境に住んでいます。多くの移民の家族はこのタイプの例です。
  3. バイリンガル家族は同じな言語の環境に住んでいます。たとえば、母国語はスペイン語のお母さんと母国語は英語のお父さんは米国で生活しています。
  4. 多言語家庭の例ですが、たとえば、米国に住んでいる中国人のお母さんとドイツ人のお父さんは子供を育ています。子供は三つの言葉の影響を与えられています。

成功の多言語子育て方法とは?

答えはそれぞれの子供とそれぞれの家族によって、変わります。一つの家族に対して成功した方法でも必ずしも他の家族には良いと言えません。自分の子供と家族に適切なユニークな方法を見つけるのは非常に重要です。最も重要なことは、子どもの言語発達に喜んで、リラックスして、多言語子育てをお楽しみいただけることだと思います。

下記は私のいくつかのアイデアです。ご参考してください。

  1. 多言語子育てに対して、自分は成功の定義を決めます。高い目標を追求しますが、現実的な期待を持ったほうはいいでしょう。
    現実には、子供は完璧なバイリンガルになられなくても、言語の発達及び文化の利点はあります。
  2. お親は多言語子育てについて意見交換を行い、同じな認識で、多言語子育てを行います。祖父母などの家族の協力を求めます。
  3. 正しいやり方は一つだけではないです。それぞれの子供と家族に対して、異なっています。子供と家族に対して、さまざまな方法を試して、最善の方法を見つけます。
  4. 次の2つの方法を試すことができます。
    • 人を中心するアプローチ:子供に一人か何人か常に特定の言語を話す。
    • 時間や場所を中心するアプローチ:家族全員は常に特定の環境(または時間)に特定の言語を使う。例えば、家で、あるいは夕方または日曜日に。
  5. できるだけ早く。お母さんは妊娠を確認してから、出産してからいい時期です。
  6. いつでも遅くない。早いほうはいいですが、子供は言葉を学び速いですので、言語の豊富な環境で、十分な努力をすれば、大丈夫です。
  7. リスニングと会話能力には、子供たちに学習教材を与えます。例えば、Podcast、CD、DVDなど。友人や親戚に訪問し、旅行することもよいのです。話せる多言語電子辞書は母国語や外国語の勉強に大変役立ちます。
  8. 読解力には、本や、言語学習ゲーム、マルチ言語学校は役立ちます。
  9. 書く力を身に付けるには、書く練習帳や作文を書く機会を与えます。マルチ言語学校と多言語塾は良い選択です。
  10. 困難を乗り越える心の準備は必要です。子供たちはリスニングと会話能力から読解と書き込み能力にターゲットするときに、いろいろな難しいことは出てくるでしょう。
    言語の混乱はマルチ言語子どもたちに対して普通です。子供たちは間違った時に、親は心配しないで、優しく訂正してあげれば、そのうちに子どもは言語を習得できます。
    子供は学校に入ってから、ほとんどすべての多言語の子供は学校で勉強した言葉を使うことになってしまいます。たとえば、親は子供に日本語で質問しても、子供は英語で答えます。多くの親はそのときに、試みをあきらめて、英語で子供と話すことになってしまいました。よく心の準備をして、成功に多言語子育てのために、諦めないでください。
  11. 努力は必要ですが、自然な方法は一番です。自然な方法は一番長く続けます。言語学習は長期的なことですので、子供に長い間に言語の環境を与える必要はあります。
  12. 多言語コミュニティを見つけて、多言語子育て経験を交換したり、多言語子育て方法を学びます。リラックスして、面白い多言語子育て環境を作りましょう。そして、子供たちは言語を学ぶことが楽しめます。言葉の勉強の効率もよくなるでしょう。

多言語子育てについて、どう考えっていますか。子どもたちは国際社会でより豊か​​な人生を送るために、親として何か出来る事はあるかを考えっていますか?

多言語子育てための良本”をご参考してください。

多言語子育て:長所と短所(その2)

多言語子育てについて、利点は欠点より多いですか。一緒に長所と短所を比較し、検討しましょう。前回の記事では、多言語子育ての利点をまとめましたが、ここで、可能の欠点をまとめます。

短所

多言語子育てにはいくつかの潜在的な欠点はあります。これらの欠点は潜在的ため、必ず発生することではないです。さまざまな家族に、いろいろな子供に対して、異なる結果になります。

1 遅く話せる

たくさんの親はバイリンガルまたはトライリンガルの子供たちは普通の同じ年の子供たちと比べますと、話せるのは3〜6ヶ月ぐらい遅くなります。バイリンガルまたはトライリンガルの子供は二つ以上の発音を習得するため、時間はかかります。しかし、心配しないでください。バイリンガルまたはトライリンガルの子供は短い時間で普通の子供と同じようにその言葉を話せますし、且つ、二か国あるいは三か国語が話せます。更により良い知的発達はできます!

2 混合言語

普通の子供たちは言葉を勉強するときに、間違った単語や言葉を使う場合はよく有ります。バイリンガルまたはトライリンガルの子供はある言語に対して、単語を分からないときに別の言語のそれを対応する単語を”借りて”、使う場合はよくあります。でも、その言語の単語は増える事によって、混合言語の現象は徐々に消えます。

3 努力

多言語子育てには長い間に努力は必要です。子どもたちに十分な言葉の学習環境と機会を提供するために親には継続の努力は要ります。ひとつ親はひとつ言葉のアプローを毎日使うのは一つのよい方法です。また、可能であれば、子供をバイリンガルまたはトライリンガル学校に入れます。積極的に子供たちを話させます。

4 勉強内容は多い

バイリンガルまたはトライリンガルの子供は二つまたは三つの言葉を勉強するために、読む事と書く事も勉強する必要ですので、勉強内容と時間は普通の子供たちより多いです。子供の体、勉強と遊びのバランスを見つけて、優秀な子供を育てます。

5 言語の流暢度

適切な学習方法と内容を使わないと、勉強内容は多すぎで、言葉の流暢度は低い結果になる恐れはあります。他の科目の勉強に悪い影響を与える可能性もあります。このような状況を回避するには、主要な言語を選んで、優先順位を付けます。例えば、アメリカに住んでいる場合に英語は主要な言語でしょう。

6 言語障害

一部の子供たちは一つの言語を学ぶ時に、言語障害 はあります。言葉は遅いです。このような子供たちに、二つあるいは三つの言語を教えますと、彼らはますます言葉は遅くなり、言語障害はひどくなる恐れはあります。いろいろな子供の言葉の能力は違いますので、慎重に子どもの言語の開発状況を観察しながら、状況にしたがって、多言語子育てを行うのをお勧めします。小児科の先生に相談する事をお勧めします。

多言語子育てについて、前の記事で長所のまとめと以上の可能な短所を比べますと、長所のほうは多いだと思います。

次の質問は、成功に多言語子育てを行う方法は何ですか?
次の記事で検討してみようと思います。

多言語子育てための良本”をご参考してください。