アメリカの大学の早期入学(College Early Admission)

以前のアメリカの大学合格率のデータから、早めに大学の入学志望を出した学生の合格率は高いということを分かりました。早期入学の申請者は第一志望校に申請を出しますから、大学側も早期出願が望ましいです。あなたは申請者として、早めに志望の大学にのアプリケーションを出しましたら、合格のチャンスを上げるのでしょうか?

アメリカの早期入学申請プログラムは非常に人気ですが、有名な大学の内に約3分の2はいくつかの早期入学の申請プログラムはあります。しかし、それぞれの大学は早期入学の申請について、求めていることは違います。したがって、大学に進学を考えっている学生と親はの良い大学の選択をするために、志望校の早期入学申請プログラムの条件や要件を理解することは非常に重要です。

一般的にアメリカの大学には2種類の早期入学申請方法はあります。早期決定(ED: Early Decision)と早期行動(早期アクション、EA:Early Action)はあります。 2つのアプリケーション方法には大学入学申請の締め切りは通常よりも早く、合格か不合格のお知らせいが届く時間も早いです。単一選択早期アクションは(SCEA:Single Choice Early Action)早期アクション(EA:Early Action)の特別な方法のひとつです。

早期決定(ED:Early Decision)とは?

申請者は大学のアプリケーションの早期決定(ED)を通して、申請を出した場合に、もし合格になりましたら、申請者は必ずその大学に入学しなければなりません。ですから、申請者は一つだけの大学に早期決定の申請を出せます。でも、通常の多数の大学の入学の応募はできますが、早期決定アプリケーションの大学に合格の知らせをもらいましたら、他の大学の申請をやめなければなりません。アメリカの大学の早期入学の申請の締め切りは高校最後の一年(senior year)の11月になり、12月中旬に合格か不合格の通知をもらえます。

結果

通常、早期決定の入学申請を出した後に、3つの結果の可能性があります。合格、その場合に出願人はその大学に入学する義務があります。不合格、その場合に、出願人はその大学に入学できません。または遅延、その場合には、出願人が第2ラウンドの早期決定か通常の大学入学申請の申請者として、もう一回検討されます。

早期決定の利点

合格率は高いです。また、普通の大学の入学申請より、早めに合格か不合格の知らせをもらえます。また、申請者は早期決定を通しての入学申請は第一志望ですので、大学はより真剣に考えてくれます。

早期決定の欠点

出願人が早期決定アプリケーションを受け入れ後に、合格した場合では、出願人は別の大学からの奨学金及びその他の金融支援の提供を受け入れません。によって、良い奨学金や補助金をくれる大学に入れる可能性はなくなってしまいます。早期決定を通しての入学申請の締め切りは早い(10月)ですので、出願人は志望校について、調査や考えする時間はより短いです。

早期アクション(EA:Early Action)とは?

一般的に、早期アクション(EA:Early Action)は限られた早期アクション(restrictive early action )と無制限早期アクション(non-restrictive early action)二種類はあります。限られた早期アクションは申請者は一つの大学に早期入学申請しか出せません。無制限早期アクションは早期決定と違って、多数の大学に早期入学申請と普通の大学申請ができます。そして、合格した大学の中から、自分が好きな大学を選ぶこともできます。

単一選択早期アクション(SCEA:Single Choice Early Action)を通しての大学の早期申請は一つしかできません。

早期決定と早期アクションのアプリケーションスケジュール

高校2年(1-5月)(アメリカ高校ジュニア)

SATやACTの試験を受ける

可能であれば、春休みに志望の大学を訪問する

高校2年(5-6月)(アメリカ高校ジュニア)

SAT科目テストを受ける

すべての科目の試験に良い成績を取る

高校三年(9-10月)(アメリカ高校シニア)

大学の申請手続きを完了する

先生に推薦状を書くことを頼む

早期入学申請を出す

必要に応じて、再びSAT(I / II)、またはACTの試験を受ける

高校三年(11月)(アメリカ高校シニア)

各大学の早期入学申請の締め切りに応じて、アプリケーションを出す

先生からの推薦状の完成を確認する

通常の大学入学申請を出す

大学の奨学金を申し込む

私たちの考えと助言

早期入学申請を通しての大学入学は誰でもおとくではないです。11年生になってから、第一志望校を決めて、優秀な成績且つ優秀な課外活動に参加した場合に合格の可能性は高い学生には、早期入学申請をお勧めします。しかし、早期決定(Early Decision)を通して、大学の申請を非常に慎重に考える必要があると思います。奨学金と助成金を考えっている申請者は早期入学申請をお勧めしません。

アメリカ大学マニュアル(College Handbook)を使って、十分な調査を行い、あなたの理想的な大学に合格することをお祈りします!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *